BMW X5 X-Drive35d ダイナミックスポーツパッケージ クリーンディーゼル パノラマサンルーフ ブラックレザー LDA-ZW30S 中古車情報 - 中古車検索サイト カータウン.jp


BMW X5 LDA-ZW30S [中古車情報]
X-Drive35d ダイナミックスポーツパッケージ クリーンディーゼル パノラマサンルーフ ブラックレザー
車両価格: 269.5 万円
(税込価格)
お問い合わせリストに追加

■販売店情報
ロッソカーズ
埼玉県上尾市上野33-1
TEL:048-725-0800
※お電話の際はカータウン.jpを見たとお伝え下さい。
営業時間:10:00-19:00
定休日:水曜日(祝日の場合営業)

SUVの中でも、普段の運動性能と、悪路の走破性能の両方を高次元で兼ね備えたBMWのXシリーズの中でも、大きなボディが魅力のX5。走れるSUVとしてデビューしたX5の第二世代のE70系となります。
BMW X5 LDA-ZW30S
X5 画像1SUVの中でも、普段の運動性能と、悪路の走破性能の両方を高次元で兼ね備えたBMWのXシリーズの中でも、大きなボディが魅力のX5。走れるSUVとしてデビューしたX5の第二世代のE70系となります。
X5 画像1SUVの中でも、普段の運動性能と、悪路の走破性能の両方を高次元で兼ね備えたBMWのXシリーズの中でも、大きなボディが魅力のX5。走れるSUVとしてデビューしたX5の第二世代のE70系となります。 X5 画像2パワフルで経済的な、クリーンディーゼルエンジンを搭載した、35dブルーパフォーマンスとなります。 X5 画像3こちらの車両は、BMWの走りの良さに、さらに磨きをかけた、ダイナミックスポーツパッケージ。いたる所にスポーツマインドを散りばめ、BMWファンならずとも選びたい人気グレードです。 X5 画像4ボディカラーは爽やかで清潔感のある、アルピンホワイト3。BMWでは車種やグレードを問わず、人気のある定番カラーと言えます。 X5 画像52枚の大型ガラスで、後席まで明るいパノラマガラスサンルーフを装備しています。室内側のシェードも電動となります。チルトアップも可能ですから、ちょっとした換気にもいいですね。 X5 画像6ダイナミックスポーツパッケージでは、スポイラーが装着され、より精悍なルックスとなっています。 X5 画像7明るさと、優れた省消費電力を兼ね備えた、キセノンヘッドライトを装備します。また、BMWの夜の顔と言える、リング状に輝くポジションライトを装備。イカリングと言った方が分かりやすいかもしれませんね。 X5 画像820インチサイズのタイヤ&アルミホイールで、世代がひとつ新しいF15系X5などに装着されるMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング469Mが組み合わされます。 X5 画像9 X5 画像10直列6気筒クリーンディーゼルは、3000CCターボエンジンで、カタログパワーは245馬力で、トルクはV8エンジンを凌ぐ55.1キロとなります。
X5 画像11ブラックを基調とした精悍なアンソラジットカラーのMスポーツ専用カラーとなります。インテリアトリムパネルは鏡面仕上げが美しいウッド。キレイな状態となります。 X5 画像12激しい横Gでも、しっかりと身体をサポートしてくれる、専用のスポーツシートを装備。アジャストは電動で、2人分のポジションを記憶可能なメモリー機能と、シートヒーターを前後シートに備えています。 X5 画像13シートは上質な触り心地のネバダレザー。リアシートには、ロングドライブもリラックスできるアームレストを備えます。寒い日にありがたいシートヒーターを装備しています。 X5 画像14前期モデルの旧態依然としたCCCナビから、LCIモデルではCICナビに変更。使いやすさや、地デジチューナー&CD音源を録音できるミュージックサーバーなど、グッと近代的なナビゲーションに進化しています。 X5 画像15正確なステアリングワークを可能にしてくれる、スポーツステアリング。ノーマルと比較すると小径でグリップが太く、手にしっくりと馴染むデザイン。オーディオ等の操作が可能な、マルチファンクションスイッチを装備 X5 画像16純正で、フルセグの地上デジタルチューナーが装備されます。 X5 画像17寒い日でも、暖かく身体を包み込んでくれる、シートヒーターをフロント&リアシートに内蔵しています。 X5 画像18バックカメラは前期モデルでは見えにくい映像でしたが、LCIモデルでは鮮明に見えるバックカメラに変更。また、トップビューモニターに切り替えが可能です。 X5 画像19視線を移動することなく必要な情報を確認できる、ヘッドアップ・ディスプレイを装備。フロントガラスに投影され、スピードやナビゲーション、チェックコントロールメッセージなどが映ります。 X5 画像20各種取り扱い説明書・コンフォートアクセス対応の電子キー・上質な車検証ケースなどが揃っています。修復歴のない車両となります。
※写真をクリックすると拡大画像が見れます。
■車両詳細情報 車両コード C-5138931
年式: 平成25(2013)
走行距離: 62600km
車検: 無し
車両: ディーラー車
初年度登録:
平成25(2013)年8月
色: アルピン・ホワイト3
リサイクル区分: 済別
排気量: 3000 cc
ミッション: オートマ
ハンドル:
駆動: 4WD
燃料: 軽油
ドア: 5
修復歴: 無し
型式: LDA-ZW30S
車台番号下3桁:405
モバイル版詳細ページのQRコード
左のQRコードを携帯で読み取れば、携帯電話でもこの車両情報を見ることができます!
■関連パーツ検索

■装備仕様

エアコン パワステ パワーウィンドウ ABS
エアバッグ Wエアバッグ カセット - CD
CDチェンジャー - MD - MDチェンジャー - DVD
TV ナビ ETC サンルーフ
キーレスエントリー スマートキー 集中ドアロック パワースライドドア -
パワーシート 本革シート 3列シート - HID/キセノン
コーナーセンサー バックモニター アルミホイール エアロ
マフラー - 盗難防止機能 ワンオーナー - 記録簿付き -
禁煙車 寒冷地仕様 - 福祉車両 - カータウン保証 -
「走れるSUV」の礎を作ったX5。BMWは全く新しいカテゴリーとしてスポーツ・アクティビティ・ビークルの頭文字を取って「SAV」というジャンルと提唱しています。当初は「BMWがあんな車を作るなんて・・・」なんて声も聞こえていましたが、ここまで大きな市場になるとは、20年前は想像がつかない程に確立されたカテゴリーとなりましたね。従来のSUVは旧態依然としたラダーフレームに上物を乗せた、お世辞にも運転が楽しいと言えるカテゴリーではありませんでしたが、5シリーズをベースにしたX5は、SUVの常識をひっくり返したと言っても過言ではありません。もちろんそれは、実力が伴っているからで、アスファルトの上の快適性能はもちろん、オフロードでのタフで頼れる走りを兼ね備えた上で、BMWでしか味わう事ができないプレステージ性を持っており、高級SUVであり、最高の実用車とも言える存在。今回ロッソカーズのランナップに加わったX5は、第二世代のE70系となります。世代が新しくなるごとににソフィスティケートされて行くだけに、ちょっとワイルドなイメージを与えてくれるルックスも良いですね。

こちらの車両は、いわゆるクリーンディーゼルを搭載した、35dブルーパフォーマンスで、ダイナミックスポーツパッケージとなります。ディーゼルエンジン搭載車には過激なMスポーツが設定されませんでしたが、走りの楽しさと実用性の両方を兼ね備えたグレードとなります。日本ではどうしてもマイナスイメージが先行しがちなディーゼルエンジンですが、実はE70系が新車だった頃のドイツ本国でのガソリン車とディーゼル車の販売比率は、7%:93%と、恐ろしいほどにディーゼルが圧勝しています。もちろんガソリン車ほどのシャープなアクセルレスポンスはありませんが、決して軽くはないボディを、55,1キロの有り余るトルクでグイグイ走らせる直列6気筒3000CCツインターボディーゼルは、ドイツのみならずヨーロッパでは、足の長い相棒として親しまれていました。日本では燃料代がハイオクガソリンと比較すると大幅に安く、燃費も良く、走りも良く、黒煙は出さずにガラガラしたうるささも無い。ネガティブな要素は、強いて言えばアイドリングでステアリングに伝わるわずかな振動と、ガソリンスタンドでの燃料の入れ間違えくらいでしょう。

こちらの車両は一般的には後期モデルとなる、LCIモデル。前期モデルと比較すると、ルックスはもちろんですが、メカニカルもインフォテインメント(この車が新車当時は存在しない言葉でしたが)などもアップデートされているのもうれしいポイントです。例えばナビゲーションは、前期モデルもHDDナビでしたが、前期モデルのいわゆるCCCから、LCIモデルではF系モデルに搭載されているCICを搭載しています。ナビゲーション自体の使いやすさや、グラフィックの美しさなどは、従来のCCCナビとは比較にならないほど。音楽CDの音源を録音できるミュージックサーバーのMusicコレクションや、地上デジタル放送をご覧いただけるフルセグチューナー、DVDプレーヤーなどが装備されています。お手持ちのスマートフォンの音楽を聴いたり、ハンズフリーテレフォンを使えるBluetoothを搭載しているのもトピックスのひとつ。また、バックカメラの画像が大幅に美しくなったことと、上空からの画面に切り替えが可能なトップビューモニターが装備されます。操作するi-DRIVEコントローラーは、プログラマブルボタンが装着される新型タイプとなります。

BMWの4輪駆動システムのX-Driveは、一般的なフルタイム4WDの50:50の駆動配分ではなく、フロントアクスルとリアアクスルで常に最適な駆動配分を行い、オンロードでは4輪駆動を意識することなくスムーズに、悪路や悪天候の中ではドライバーは普通に運転していても完全に黒子に徹して安定感のある走りを提供。季節を問わずにアクティブに出かけたいユーザーさんには最高の相棒となってくれるでしょう。なんせインテリアは広く、ラゲッジも大きな荷物を飲み込み、そして天気に左右されること無く、どこまでも走れる信頼性を持っているのですから。ちなみにオートマチックが前期モデルの6速から、8速になっているのもうれしいポイントと言えます。

ダイナミックスポーツパッケージでは、ノーマルグレードと比較すると大幅に精悍なスタイリングになっているのも大きな特徴。先述したとおりに35dブルーパフォーマンスにはMスポーツは設定されませんでしたが、ちょうどMスポーツとノーマルグレードの真ん中と言ったところで、フロントスポイラー・サイド&リアスカートにオーバーフェンダー。足回りは締め上げられたスポーツサスペンションに、20インチサイズのタイヤ&アルミホイールで、世代がひとつ新しいF15系X5などに装着されるMライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング469Mが組み合わされます。インテリアもスポーツステアリングにスポーツシートと、Mスポーツほどの派手さは無いものの、BMWらしい走りに振った味付けとなります。ルックスが若々しくなったのもLCIモデルの特徴で、バンパーなどのリフレッシュはもちろん、前期モデルでは電球だったイカリングは純白なLEDに変わり、テールライトもBMWと一目でわかるL字型となります。特にイカリングは前期ユーザーさんは電球からLEDに変更していたので、メーカー純正で純白なリングなのは嬉しいですよね。

修復歴は無く、2枚の大型ガラスでリアシートまで解放感がたっぷりなパノラマガラスサンルーフや、ブラックレザーシート、ウッドパネルなど、上質なインテリアも特徴ですね。前オーナーさまのこだわりでオーバーフェンダーやサイドステップがボディ同色にペイントされているのもポイントが高いですね。なんせノーマルでは樹脂がむき出しのブラックなので、グッと精悍に見せてくれます。また、こちらの車両はリアがエアサスではないのも嬉しいポイント。確かにラゲッジに重量物を搭載した時に車高がリア下がりになるのを防いでくれるセルフレベリング・エアーサスペンションも魅力ですが、経年劣化で不具合が出た時の出費を考えるとシンプルな構造のバネサスの方が安心感がありますね

▼この車両へのお問い合わせ▼※他の車両と一括でお問い合わせする場合は一括問い合わせをご利用ください。

お名前必須 メールアドレス
必須
住所必須 都道府県:
市区町村:
お問い合わせ種別必須
ご相談内容任意

>>さらに詳しい内容を入力する(ご記入いただくとお問い合わせがスムーズにいきます)

年代 性別
電話番号 ご購入時期
希望連絡方法
希望連絡時間帯
BMW(BMW) X5
X-Drive35d ダイナミックスポーツパッケージ クリーンディーゼル パノラマサンルーフ ブラックレザー
車両価格: 269.5 万円
(税込価格)
お問い合わせリストに追加

お問い合わせの際は「カータウン.jpを見た」とお伝え下さい。
■販売店情報
ロッソカーズの在庫一覧を見る

ロッソカーズ

〒362-0058埼玉県上尾市上野33-1
TEL:048-725-0800 FAX:048-725-0801営業時間:10:00-19:00 定休日:水曜日(祝日の場合営業)
※お電話にてご連絡の際は「カータウン.jpを見た」とお申し付け下さい。
ロッソカーズの在庫一覧を見る
中古車販売店「ロッソカーズ」の所在地情報

閲覧済み中古車



■主要メーカー名で中古車を探す
トヨタ | 日産 | 三菱 | ホンダ | マツダ | スズキ | スバル | ダイハツ
レクサス | メルセデスベンツ | BMW | フォルクスワーゲン | アウディ | ポルシェ


会社概要プライバシーポリシー中古車関連リンク加盟店専用
中古車検索サイトのカータウン.jp
[PR]中古車ならカーチャンネル    [PR]中古車の車買取・車査定ならカーセブン
Copyright(C) CyberBrain Co.,Ltd. All Rights Reserved.